湯巡り その2

  • 2020.09.24 Thursday
  • 19:35

斐乃上温泉の後に目指したのは

 

三瓶山(さんべさん)

 

三瓶山は活火山に分類されるだけあって、

 

その周りには特徴的な温泉がたくさんあります

 

 

 

 

 

 

今回言ったのは、三瓶温泉湯元にある無人共同浴場「亀の湯」

 

 

 

 

 

 

 

 

小判型の浴槽

 

真ん中の筒から三瓶温泉が誇る圧倒的な湧出量の湯が湧いています

 

湯の花のような浮遊物もたっぷり

 

泉質:ナトリウム-塩化物泉(低張性・弱酸性・低温泉)

 

 「弱」ではありますが、酸性の温泉というのは九州を除いて西日本ではめずらしいそうです。

 

37℃位の源泉をそのまま使っているため湯はややぬるめですが

 

いつまでも入っていられるような適温

 

外気温が下がると少し加温されるようです

 

 

 

 

 

 

 

実はこの亀の湯

 

現在存続問題に直面しています

 

新型コロナウィルスの影響で利用者が激減しているところに

 

女風呂のトイレが故障してしまったとのこと

 

このままでは冬季営業も厳しい状態となります

 

こういった名湯はなんとか残していきたいですね

 

 

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM