グランドゴルフ大会

  • 2017.09.10 Sunday
  • 20:53
今日は、車屋の組合的な集まり

自動車整備振興会の親睦事業

グランドゴルフ大会がありました







会場はハワイ温泉の羽衣

東郷湖沿いのキレイなコースです

今回は家族で参加しました







ゴルフをやっているからと言っても簡単にはいかないスポーツ

球が浮かないので芝の凸凹に左右されます

なかなか思ったようにいかない・・・

慣れてるおじいちゃんおばあちゃんにとても敵いません・・・




結局、商品をもらえたのは

ブービー賞の娘だけでした






グランドゴルフ

なめていましたが、

誰でも楽しめるスポーツですね

高齢者に人気な理由もわかりました

トレーニング

  • 2017.09.09 Saturday
  • 23:08
11月12日に開催される

岡山マラソンに当選しました

初めてのシティマラソン

鳥取マラソンしか出たことのない僕は

今からドキドキです





今日は一緒に出場する大本さんと

朝から20km走りました






まだまだ身体が重くて

うまく走れません

なんとかあと2ヶ月

コンディションを整えていきたいと思います

この時期の名物

  • 2017.09.08 Friday
  • 21:43

従業員さんからこんなプレゼントをいただきました

この時期の名物、川ガニ

正式名称 モクズガニです








このカニ、あの有名な上海カニと同種なんですね

 

値段は全然違いますが・・・

 

 

 

 

 

 



確かに、みそや内子の旨さは最高です(^^)

今回は汁にしてみました






身を食べるのはめんどくさいですが

いい出汁が出ていますね〜

川ガニ最高!

 

 

 

 

 

日本の上海がにとして

 

もっとPRできないものですかね・・・

 

 

海藻を使った料理試食会

  • 2017.09.07 Thursday
  • 20:13
今日は米子南高校の生徒さんが

地元で採れた海藻を使った

お菓子や料理を作ってきてくれました







これはカタノリとアカモクを使ったクッキー


カリカリとした食感とほんのり海藻の香りが特徴です





そしてこれは、アカモクを使ったパウンドケーキ


こちらも普通のケーキと思いきや、ふんわり海の香りがします





そして、海藻さつまと海藻から揚げ


イカの風味と海藻の風味が最高!

ビールが飲みたくなる味









すぐにでも商品化できるようなクォリティです

今日は町内の蒲鉾屋さんやケーキ屋さんも来ていたので、

すぐに採用されるかもしれませんね

蓮池さんの話

  • 2017.09.06 Wednesday
  • 14:11

今日の日本海新聞に僕のコメントが載ってましたね(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

蓮池さんが北朝鮮の工作員によって拉致されたのは1978年。

 

この年の6月〜8月の間に世界中で拉致が頻発していたとのこと。

 

当時、中央大学法学部3年で20歳でした。

 

帰省していた新潟県柏崎市の海岸で、現在の妻、佑木子さんとともに無理矢理拉致され、

 

2002年に帰国を果たすまで24年間、北朝鮮での生活を余儀なくされました。

 

 

 

 

 

 

工作員として洗脳するために拉致された蓮池さん

 

しかし、1979年に発覚したレバノン人拉致事件で北朝鮮政府の方針が変わってしまいます

 

(簡単に洗脳教育できないことを悟ったため)

 

 

 

 

次は北朝鮮工作員に対して日本語の教育をしていましたが

 

1987年の大韓航空機爆破事件でまた方針転換してしまいます

 

(実行犯のキムヒョンヒが拉致被害者の田口八重子さんから日本語を習ったと証言したため)

 

 

 

 

金正日政権になると北朝鮮は日本との関係改善を図るようになりました

 

(国交を正常化して、植民地時代の賠償金を取ろういう思惑)

 

そして、2002年の小泉首相訪朝の時に、思いがけず日本に帰ることができました

 

子どもさんも日本に来れたのはその1年半後です

 

 

 

 

突然の拉致被害にあい、北朝鮮政府の政策に翻弄された24年間

 

どれほど辛い日々だったことでしょう

 

 

 

 

現在も拉致被害者、特定失踪者を含め、北朝鮮には多くの日本人が残されているそうです

 

日本で待っている家族も高齢になり、残された時間がありません

 

現在、北朝鮮は核実験と弾道ミサイルの発射実験を繰り返して世界を翻弄しています

 

蓮池さんは「核・ミサイルと拉致問題は切り離さなければいけない」と言われました

 

核やミサイルは世界の安全上、重要なのでプレッシャーをかけるべきではあるけれど

 

拉致問題は日本と北朝鮮二国間の問題です

 

 

 

 

 

北朝鮮が応じるのであれば、積極的に交渉を進めるべきだが、

 

お金を払うだけならそれが兵器に化けてしまうかもしれない

 

今北朝鮮が抱えている電力問題を解決できるように

 

日本から発電機械や技術力提供などで支援すればいいのではないか

 

国際社会に対しても、日本にとって拉致は重要なのだということを

 

アピールして理解を求めなければいけない

 

と言われました

 

 

 

 

1時間30分の講演の間中

 

手の汗が止まらないような

 

とても生々しい怖い話でした

 

 

 

 

 

 

 

海岸を歩いていて突然さらわれるなんて・・・

 

海の近くに住んでいるだけに

 

一歩間違えたら自分や家族が被害に遭っていたかもしれません

 

実際に米子市から松本京子さんが拉致されてまだ帰国されていません

 

先の見えない北朝鮮情勢ですが、

 

なんとか拉致問題だけは別問題として早く解決してもらいたいものです

 

 

 

 

 

蓮池さんの話された詳しい内容を読みたい方は、こちらのサイトをご覧ください

 

 

 

 

 

 

 

日本海政経懇話会

  • 2017.09.05 Tuesday
  • 22:57
今日は日本海政経懇話会

講師は蓮池薫さんでした








とてもリアリティがあって
内容が深すぎて

すぐにはお伝えできないので

要点をまとめて

明日書きますね

レスキューあれこれ

  • 2017.09.04 Monday
  • 20:25

赤碕ダイハツはJAFの指定工場として

 

様々な救助要請に出動しています

 

その中でも今日は落輪作業を紹介します

 

活躍するのはうちのサービスカー「ラガーちゃん」

 

フロントバンパーに強力な電動ウィンチが搭載されています

 

 

 

 

 

 

これは一番簡単な前輪一輪落輪

 

溝も細くて浅いので

 

後ろにスペースさえあれば

 

ウィンチで簡単に上がります

 

 

 

 

 

 

これは後輪一輪の落輪

 

ビックリするくらい山奥でしたが

 

溝が浅かったので簡単に上がりました

 

 

 

 

 

 

これは最近の事例

 

山陰道で居眠りで左二輪落輪

 

警察に高速道路を封鎖してもらって

 

ウィンチで牽引しました

 

こんな時は失敗が許されないのでかなり緊張します

 

 

 

 

 

 

幸い溝が狭かったので、溝の中にブロックを敷いて

 

一輪ずつ慎重に引っ張り上げました

 

 

 

 

 

 

 

同じような2輪の落輪でも難しいのがこちら

 

クルマの重心が完全に溝方向に傾いています

 

そして溝も深く、反対側の土手も傾斜しています

 

 

 

 

 

 

このクルマをウィンチで無理矢理引っ張っても

 

クルマが手前に移動するだけで持ち上がりません

 

逆に引きずることでクルマの側面のダメージを増やしてしまいます

 

 

 

 

 

 

こういう場合は、無理をせずある程度で見切りを付けてギブアップします

 

そして、別料金にはなりますが、知り合いのクレーンに来てもらいます

 

最近の自動車保険にはクレーン作業のサービスが付いている物も多いです

 

「お客様の車を傷つけない」こともかなり重要です

 

 

 

 

 

このケースも高速道路乗り口

 

通勤時間と重なったので、長時間封鎖できず

 

作業の早いクレーン作業に切り替えました

 

「他のクルマに迷惑をかけない、安全を確保する」こともかなり重要です

 

 

 

 

 

 

何処までが可能で何処までが不可能か?

 

まだまだ自分の能力不足もありますが、

 

よかれと思って無理をして、クルマを傷つけただけで結局救助できなかった・・・

 

道路封鎖が長時間にわたって大渋滞を引き起こした・・・

 

なんて経験もあるので

 

そのあたりは冷静に判断をしています

 

 

 

 

 

 

このレベルは、ウィンチではどうしようもないレベル

 

即、クレーンを呼びます

 

 

 

 

 

 

どちらの方向からどのように引っ張るか?

 

そしていかに迅速にクルマを傷つけることなく作業できるか?

 

もちろん、お客さまと作業する僕自身の安全を確保すること

 

落輪作業は毎回ケースバイケース

 

毎回頭と体力を使いながら頑張っています(^^)

 

 

 

 

 

 

うわさのクッキー屋さん

  • 2017.09.03 Sunday
  • 18:20

 

 

 

 

 

「じゃない方の浦安駅」前に昨年クッキー屋さんができました

 

モンジェイエ

 

 

 

 

 

 

 

なぜこんなところに?

 

と思っていましたが、実はネットで評判のお店だそうです

 

 

 

 

 

店内に入ってみると・・・

 

絵本から出てきたようなかわいいクッキーばかり

 

 

 

 

 

よく見ると

 

値段はかわいくありません(^_^;)

 

普通に買うには勇気がいるな・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも勇気を出して買ってみました

 

とても芸が細かい細工がしてあります

 

職人技です

 

 

 

 

 

 

そして何より美味しい!!

 

今まで食べた中で一番美味しいクッキーだと思いました

 

食べてみて値段に納得の逸品!!

 

なるほど、かなりこだわって作られているようです

 

 

 

 

 

 

 

いい物を作ることができれば

 

店の場所は関係ないのですね

 

素晴らしいビジネスだと思いました

 

自家消費と言うよりも

 

贈り物として喜ばれているようです

 

こんなクッキーが届いたらうれしいですね

 

ぜひ一度お試しください(^3^)/

 

 

 

 

 

 

琴浦子ども塾 2日目

  • 2017.09.02 Saturday
  • 18:38

二回目の琴浦子ども塾がありました

 

まずは前回来られなかった、竹中塾長の挨拶

 

「学ぶ」ことを楽しもうというお話でした

 

 

 

 

 

 

そして前半は論語の講義

 

先生は小谷よしぞう先生です

 

 

 

 

 

 

教科書は「あいうえお論語」

 

孔子の教えをわかりやすくかみ砕いて説明してあります

 

大人が読んでも分かりやすい

 

今日の一文はこちら

 

「朝に道を聞かば、夕べに死すとも可なり」

 

意味は、

 

朝に人がどう生きるべきかを悟ることができれば、夕方に死んだとしても後悔はないということ。
 

 

論語は奥が深いですね

 

 

 

 

 

 

後半は、地元の偉人

 

写真家 塩谷貞好さんについて

 

講師は塩谷貞好さんの孫

 

塩谷晋さんの奥様、塩谷美恵さん

 

 

 

 

 

 

 

塩谷貞好さんの写真は国内より海外で評価が高かったのですね

 

地元の自然を中心に撮影した

 

ソフトフォーカスの独特な味わいの作品の数々

 

まさに芸術作品です

 

 

 

 

 

 

写真を撮って、現像をして、装丁するまでが塩谷貞好さんの仕事

 

普通に現像するだけではなく、この写真のように印画紙を曲げて焼き付ける

 

独自の技法でデフォルメしたような作品も数多くあります

 

縦に伸ばしてあるので雪がたくさん降ったように見えますね

 

 

 

 

 

 

 

塩谷貞好さんが実際に使っていたカメラも持ってこられました

 

 

 

 

 

 

今のカメラからすれば、ズームもない、ピントが甘いなど不便な事ばかりでしょうが

 

それを逆手にとって素晴らしい作品の数々が生まれています

 

 

 

 

 

 

 

 

そして直筆の書がこちら

 

当時、当たり前にそこにあった自然の美しさに気づき

 

それを多くの人に伝えようと思った人が他にいたでしょうか?

 

 

 

 

 

 

郷土の偉人は素晴らしい!

 

琴浦子ども塾でありながら

 

大人の僕の方が勉強になりました(^^)

 

 

 

 

次の琴浦子ども塾は16日の土曜日です

 

 

 

ビデオポスト

  • 2017.09.01 Friday
  • 21:53
フジテレビのホームページ

ビデオポストのコーナー

美しい風景に

僕の写真が出ています










これは、7月に撮ったホタルの写真

星空と漁火とホタルのコラボ写真です

なかなか撮れない貴重な写真だと思って

ビデオポストに応募してみたら

採用されました






昨年は船上山から見た隠岐の島の写真が、

夕方の『みんなのニュース』で全国放送されたことがあります






ひょっとすると、この写真も紹介されるかも

楽しみにしてくださいね

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM