建物火災

  • 2020.04.04 Saturday
  • 22:52
今日はうちの消防団分団の地域で火災が発生しました








駆けつけた時には大きな火が上がっていて

消防車も10台くらい来て

懸命に消火作業をしましたが、

とてもいい材木をふんだんに使った大きな豪邸だったので

消火するのに1時間半もかかりました







久しぶりに筒先を持って最前線で放水しました

そして担当分団だったので、鎮火後の片付けや夜まで見回りをしました




こうした急な火事の時には、緊急事態でみんなパニック状態になりますし

防火水槽や消火栓の水利の場所が全体に把握できてない上に

全体を統括して指示する本部もできてない段階で放水しようとするので

各消防団の配置もバラバラで

200m以上離れている防火水槽と消火栓から連携して水を出すまで時間がかかりました







日頃からこういった予期できない本番を見据えた実践練習が必要だと思いました

コメント
テレビのニュースで見ました!
大きな家が全焼でしたね。
本当に、消防団の日頃の訓練が、こういう火災の時のために、如何に重要かと言うのがよ
くわかります(..)
私は女性消防団だけど、実際に火災の現場に行って消火活動をしている男性消防団は、本当に本当に大変だと思います。
Ke-goさんも皆さんも、本当にお疲れ様でしたm(__)m
  • くにちゃん
  • 2020/04/05 6:17 AM
会社のすぐ近くじゃないですか。
風が強かったでしょうけれど周囲に隣接した建物が無くて延焼は免れましたか。
お疲れ様でした。
その場所は広い道路に面していますが山間部の家なんかって本当に水源はおろか車も入れないところが多いんですよ。
  • 森野啄木
  • 2020/04/05 5:45 PM
くにちゃん、ここまで大きな火事は滅多にないので本当にくたくたになりました
そして火事の恐怖をしみじみ感じました

森野啄木さん、うちのすぐ近くでした。水がどこにあるかを把握して他の分団と連携して冷静にホースを這わすことはとても難しいと痛感いたしました
  • ke-go
  • 2020/04/15 8:06 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM