本物の芸能人

  • 2020.09.02 Wednesday
  • 21:19
ドラマ半沢直樹にハマっています

毎週家族全員でテレビにかぶりつきです









このドラマは記録的な視聴率だそうですが

老若男女誰でも見たくなる魅力があると思います

その第一はわかりやすさ

一般的に銀行の話となると数字や経済の難しい内容になって

若い人には敬遠されるでしょうが

企業買収やM&Aなど難しいキーワードも噛み砕いて伝えています







そして2番目に個性的俳優の魅せる演技

劇団出身の人が多いようですが

表情や間合いなど細かいこだわりがすごい!

歌舞伎俳優の顔芸も必見です






3番目にスカッと気持ちの良いエンディング

毎回分かりやすい悪者が出てきて

半沢直樹に理路整然と論破され

尻尾を曲げて逃げていきます

それはまるで水戸黄門の印籠のような

安定感のある悪者退治







日曜日の夜にこのドラマがあることで

笑点のイントロを聴いて月曜日がやってくる憂鬱さを感じていた心に

喝を入れられる気がします






全ての俳優さんが素晴らしいのですが

やはり、主役の堺雅人の演技は突き抜けています








僕は好きな俳優ができると

その俳優の出ている作品を全部見たくなる衝動にかられる傾向があります

堺雅人の作品はほぼ観ていたはずだったのですが

一つ見逃していた作品がありました

『その夜の侍』








2012年の作品です

あらすじは・・・

小さな鉄工所を経営する中年男の中村(堺雅人)は、

5年前に木島(山田孝之)が起こしたひき逃げ事件で最愛の妻を失ってしまい、

抜け殻のようになりながらも復讐(ふくしゅう)することだけを考えて日々を生きていた

やがて、刑期を終えて出所した木島のもとに、

復讐(ふくしゅう)を遂げる日までのカウントダウンを告げる差出人不明の脅迫状が届くようになる

そして妻の命日の夜が訪れ、ついに中村と木島は対面を果たすが……。








半沢直樹とは正反対の作品でした

分かりにくいというか、見た人それぞれに解釈を任せるような

映画らしい映画というのでしょうか

スカッとするのではなくドヨーンとするエンディング







憎悪を抱くほど極悪非道な山田孝之とか

優柔不断な綾野剛とか

俳優さん達の演技は本当に素晴らしい

堺雅人に至っては、分厚いメガネをかけて弱々しくて汗にまみれて・・・まるで別人

人間こうも変われるかと思うほどです





芸能人というのはこういう人達のことを言うのですね

コロナ禍でステイホームのことが多いと思いますが

この機会にじっくりと映画や演劇や演芸など

エンターテイメントを楽しむのもありだと思います

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM