101年目の供養祭

  • 2019.02.18 Monday
  • 22:21
1918年(大正7年)2月18日

琴浦町沖で韓国の貨物船『南昌丸』が難破しました

この時、地域の住民が救助にあたりました

救助された乗組員は手厚い看護を受けて無事に本国へ帰りましたが

この事故で亡くなった李歳元さん(当時27歳)は

遭難場所近くに埋蔵されました

ちょうど鳴り石の浜の西側にあります







この供養塔を建てて守って来られたのは

あの岩田弘さんです

今日は事故から101年目の供養祭が行われました







たくさんの参列者の中には

なんと、駐神戸大韓民国総領事館の

総領事もおられました

昨年に続き2年連続の参加です






日韓両国間には最近

徴用工訴訟問題や自衛隊哨戒機へのリーダー照射問題など

ギクシャクした空気が流れていますが

民間レベルではこのような美談が受け継がれ

今でも毎年慰霊祭が行われているなんて

本当に素晴らしいことだと思います








赤碕沖には江戸時代にも韓国商船が漂着してますし、

1963年にも漁船が機関故障で漂着しています

鳴り石の浜にもたくさんの韓国からの漂着物があります

海で繋がった隣国、大韓民国

もっと友好的な関係になれたらいいですね







今日の日本海新聞

左奥の後ろ向いてるのが私です(^^)

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM