ワニ料理

  • 2017.09.20 Wednesday
  • 19:42

ラムネ銀泉にいったついでに

 

近くにある「道の駅頓原」の中にある

 

レストハウスやまなみ へ

 

ここの名物はなんと

 

ワニ料理!

 

(6月に我が家で食べたオーストラリア産ワニの足)

 

 

 

 

 

とは言え、このワニではありません

 

中国山地に伝わるワニ料理とは、サメのこと

 

ウィキペディアによると・・・

 

わに」とは、爬虫類ワニではなく、軟骨魚類サメ(フカ)のことを指す。

 

サメを表す古語和爾と表記され、『因幡の白兎』伝説で和爾が登場する出雲地方を中心に、

 

現代でもこの呼称が使われている[1]

 

サメ肉を食べる習慣は世界中で見られるが、一定地域の住民全体が刺身として食べるのは

 

備北地域特有の風習であり、日本国内でも他には宮崎県の一部でしか見られない[1]

 

 

 

 

 

 

 

ゲテモノ食いの私からするとたまらない一品

 

さっそくワニの漬け丼とワニフライ定食を頼みました

 

こちらがワニの漬け丼

 

サメとは思えない甘さと食感

 

臭みは全くありません

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ワニのフライは絶品!

 

サクサク、ふわふわの白身魚フライ

 

魚臭さゼロ、魚嫌いの人でも

 

これならいくらでも食べられそうです

 

 

 

 

 

 

 

サメ肉は尿素の含有量が著しく高いため、

 

食中毒の原因となるヒスタミンの生成が抑制されるうえ、

 

酸化による脂質の変敗も起こりにくいそうです

 

このため保存性が高く、2週間ほど経過したものでも刺身として食べられます

 

だから冷蔵技術が未発達だった頃から山間部で生食できる魚として重宝されていたのですね

 

 

 

 

 

ワニ料理、ぜひお試しあれ!!

 

 

 

 

 

 

 

秘湯紀行

  • 2017.09.19 Tuesday
  • 22:21

日帰りで行ける秘湯を探して

島根県飯石郡飯南町頓原へ行きました

天然炭酸温泉 ラムネ銀泉です








ここは、鉱泉水に大量の炭酸ガスを含む、日本有数の『炭酸泉』です







無色透明の湯が空気に触れると、緑、黄色、オレンジ、琥珀色へと変化していきます







湯船の中のお湯は、段差が見えない程濁っていますが、注ぎ口の湯は無色透明です


(右側が注ぎ口の湯)





炭酸泉に浸かると、体内に炭酸ガスが吸収され全身の血管が広がり、血液の流れがスムーズになると言われています

市販されている入浴剤が炭酸ガス含有量40ppmなのに対して、ここの温泉は1000ppmを越えています

すごい効能があるのは間違いない!





ぬる目のお湯ですが、上がった後になかなか汗が引かないくらい温まりました

今は飲用許可が出ないらしいですが、以前は瓶に詰めて売られていたそうです

飲んでみたら確かにしゅわしゅわしました








日本国内でも稀有な温泉

是非体感してみてください!

打ちっ放し

  • 2017.09.18 Monday
  • 19:35
今週、久しぶりにゴルフがあるので

久しぶりに打ちっ放しに行って来ました







子守りを兼ねてだったので

自分の練習より

子どもの世話に追われてしまいました




かなり楽しんでくれたようです


ゴルフは楽しいけど金のかかるスポーツ

プロになりたいなんて言われたら

どうしましょ?

インスタ映え

  • 2017.09.17 Sunday
  • 17:17

台風が近づいていますね

皆様の周りは大丈夫でしょうか?

今朝は台風が来るとは思えないくらい静かでした

そこで、次男と初めて一緒にランニングしました







一緒に走っていると視線がほぼ同じ高さです

いつの間にか大きくなったもんだ







帰りは疲れ気味だったので

ちょっと遊んでみました

イメージは先日話題になった

鳥取砂丘で撮影された一枚







空が水面に映り込んでいて

ボリビアのウユニ塩湖で撮影したかのようです







鳥取砂丘じゃなくても

琴浦町でもこんな写真が撮れるんですよ




 

 



空がしっかり映り込んでいるでしょ(^^)


 

実はこの写真、上下逆にしています(^^)

 

 





最後にこんなのはいかがでしょう?

めっちゃ飛んでます

こういうのを『インスタ映えする』って言うんですかね?

ひまわりの種収穫

  • 2017.09.16 Saturday
  • 23:55
鳴り石の浜のひまわりの種を収穫しました







台風がやって来るのではないかとびくびくしながら始めましたが







ほとんど降ることなく刈り取りでしました

全てのひまわりを抜いた後はスッキリ!







この花から、タネを取ります








まだ成熟していないものや

既に腐っているものなどの中から

良いものだけを選り分けます






選り分けたタネを

往年の文明の力

唐箕(とうみ)でスカを飛ばします







最後はネットに入れて乾燥させます







来年も綺麗な花が咲きますように!

海岸清掃

  • 2017.09.15 Friday
  • 22:00

今日は商工会の海岸清掃がありました







海岸の石の間にびっくりするほどゴミがありました







割れたガラスの山なんて、わざわざ捨てに来たとしか思えません








ロープや発泡スチロールなど

たくさんのゴミが取れました







終わった後は懇親会







頑張った後の一杯はたまりませんね








皆さん、お疲れ様でした

義援金を送りました

  • 2017.09.14 Thursday
  • 13:30

鳴り石の浜のひまわり畑に置いていた募金箱

 

 

 

 

 

 

 

今年もたくさんの方に義援金をいただきました

 

 

 

 

 

 

 

銀行で集計してもらうと

 

その額、なんと!!

 

128,107円

 

 

 

 

 

 

左下に内訳が書いてありますが

 

5千円札 1枚

千円札 14枚

5百円玉 145枚

100円玉 651枚

50円玉 1410枚

10円玉 1197枚

5円玉 2245枚

1円玉 1192枚

 

 

 

 

 

 

 

すごい金額です。

 

本当にありがとうございます。

 

鳴り石の浜プロジェクトは、このお金を

 

5年前にひまわりの種をいただいた岩手県陸前高田市で

 

避難路の目印としてハナミズキを植樹する活動をされている

 

陸前高田『ハナミズキのみち』の会へ送金いたしました

 

(昨年は被災地を訪問して直接手渡しました)

 

 

 

 

 

 

 

鳴り石の浜のひまわりにいただいたお金が

 

遠く、岩手県陸前高田市でハナミズキの花になる・・・

 

素敵だと思いませんか?

 

 

 

 

 

会長の淺沼さんは震災で息子さんを亡くされました

 

その息子さんがある日夢に出てきて、

 

「避難路が誰にでも分かりやすいように、ハナミズキの木を植えて欲しい」

 

と言われたそうです

 

(そのエピソードを書かれた絵本が出版されています)

 

 

 

 

 

 

絵本の内容を知りたい方は

 

こちらの映像をご覧ください

 

 

 

 

 

 

震災から6年半経ちますが

 

現地ではまだまだ復興できていません

 

わずかな力かもしれませんが

 

お役に立てたら嬉しいです

 

 

 

 

義援金を入れていただいた皆様

 

心からありがとうございました

 

 

鳴り石の浜調査隊

  • 2017.09.13 Wednesday
  • 21:15

この間の土曜日のこと

 

「お父さん、お父さん!ちょっと来て!!」

 

三男(小6)が会社に呼びに来ました

 

何かと思って鳴り石の浜に行ってみると・・・

 

 

 

 

 

 

 

三男と友達が伏流水の音がするポイントを掘り起こしていました

 

そして、2mほど下から

 

なんとかなりの水量の伏流水が見えました

 

(石が濡れているのが分かりますよね)

 

 

 

 

 

夏休みに三男とした自由研究

 

「鳴り石の浜調査」の追加調査をしているとは・・・

 

想定通りのところに伏流水が流れていました

 

 

 

 

 

子ども達の行動力はすごいですね

 

恐れ入りました・・・

 

 

 

 

 

 

 

今日の日本海新聞のコラム

 

「打吹おろし」に夏休みの自由研究の話を書いています

 

子ども達にとって夏休み最大のミッションといえば自由研究。こればかりは親の手伝いなしでは難しい宿題だ。最初の子のときは憂鬱だったが、3人目にもなると「どうせやるなら子どもと一緒に楽しもう」と気持ちを切り替えて取り組んでいる。

 海が大好きな三男の選んだお題は「鳴り石の浜調査」。おそらく今まで誰もやったことのない新たな研究だ。先ずは地上部分の構造調査。波によって石の入れ替わる場所、長年石が移動していない場所を石の表面の経年劣化から突き止めた。

 困難を極めたのは海底の調査。どこまで石の海底が続いているのか調べるために手作りの水深計と水中めがねを抱えて、ゴムボートで沖へ漕ぎ出したものの、海底はどこまで行っても大小の丸い石ばかり。おまけに波を受けてデータを記したメモは濡れて破れるし、ボートはいつの間にかに沖へと流されるしとハプニングが続出した。

 危うく「自由研究の最中に親子遭難」なんて前代未聞の事件になりそうだったが、苦労して作成した研究は好評だったらしく親子で達成感を味わうことができた。自由研究に関わることができるのもあと二年。来年はどんなお題に挑戦しようかな。(鳴り石)

 

 

秋祭り

  • 2017.09.12 Tuesday
  • 22:06
今年も秋祭りの時期が近づいてきました

今年の開催日は10月14日(土)

それに合わせて屋台作りがスタートしました

これが地域のコミュニケーション








さて、今年の屋台は何だと思いますか?

日本 シュールな昔ばなし

  • 2017.09.11 Monday
  • 20:51

むかしむかし、あるところに

釣りが大好きな男の子と

お父さんがおったそうな

お父さんはたまの休みでゆっくり寝たかったのに

男の子に無理矢理たたき起こされ、

釣りに連れて行かされたそうな

ところが、

何度しかけを海へ投げこんでも手応えはなく

二人はだんだん疲れてきたそうな

あまりに何も釣れないので

お父さんは途中でめんどくさくなって

釣りをやめて

テトラポッドに付いたイガイ採りを始めたそうな

お父さんがウヒョウヒョ♬言いながら貝を採っている間にも

三男はせっせ、せっせと仕掛けを投げ続け

三匹のキスを釣ったそうな・・・

お父さんは、貝採りに夢中になっている間に大波が来て

ずぶ濡れになったそうな・・・

めでたしめでたし

あれ?

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM